クレジットカードを複数枚欲しくなったら

隣の芝生は青く見えるというもので、1枚のクレジットカードを持ったら別のクレジットカードを欲しくなってしまう方もいるかもしれません。複数枚持つのは個人の自由なので構いませんが、その際は今以上に気をつけなければならないことがります。

【複数枚持っていると審査に通りづらくなる】

2、3枚程度なら大した問題ではありませんが、これがもっと多くなってくると少し面倒なことが出てきます。それが新たなクレジットカードの審査に通りづらくなることです。クレジットカードは無限に持てるものではありません。基本的に年収によって持てる枚数は限られてきます。年収の枠を大幅に超えたカード枚数を持つことはできないので、気をつけてくださいね。

【クレジットカードが多すぎて起こる問題】

クレジットカードはそのカードによって、特典や優待などが大きく違ってきます。なので持ちたいという気持ちは分かりますが、持ちすぎると管理が難しくなってしまいます。クレジットカードの支払い日もまたカードによって様々なので、色んなカードを使っているといつが支払い日なのかが分からなくなってしまうこともあるのです。

基本的にクレジットカードの枚数は、メイン1枚サブ1~2枚くらいが管理がしやすくなります。管理ができるならもっと持っても良いですが、初めてならばまずはメインとサブで1枚ずつから始めたほうがいいでしょう。